合唱グッズ解説〜オンラインストレージ〜

かわばたです。今日も合唱グッズについて書きます。今日は「オンラインストレージ」についてです。もうグッズではなくなって来ましたが、まあ書きます。

オンラインストレージとは、ファイルをインターネットを経由して複数の人の間でやりとりできるサービスの事です。貸し倉庫をみんなで共有するような事を想像すると分かり易いかもしれません。

会社に勤めている方なら、社員用の共有ファイルサーバがインターネット上にある、と考えていただければ良いと思います。

アクセスする方法としてはパソコンのブラウザや専用ソフトを使う事が覆いと思います。また、最近はスマートフォンから使えるサービスも多いです。

ちなみに混声合唱団 麗鳴では、NAVER(ネイバー)という会社が運営しているNドライブというサービスを利用しています。利用料は無料で、2011年9月現在で30GBまで使える、スマートフォンからのアクセスにも対応、という事でとても便利です。

Nドライブ
http://ndrive.naver.jp/

このオンラインストレージを使うと、例えばPCMレコーダーで録音した練習時の演奏をmp3ファイルにして格納し、団員が誰でも入手して聴くことが出来るようになります。演奏の出来栄えをみんなで確認できるというのは、カセットテープとラジカセで録音していた時代からすると凄い進歩だと思います。

その他麗鳴では団内で使用している事務的な書類や、カワイ出版からダウンロードした「歌おうNIPPON」プロジェクトの楽譜のPDFデータを共有するのに利用しています。

インターネットの恩恵を合唱団活動は受けているなあと思います。

ではー。